米国最先端のがん遺伝子検査を提供するテーラーメッド株式会社が読売新聞で紹介されました

 

弊社の支援するテーラーメッド株式会社が読売新聞朝刊にて2017年7月31日から5日間に渡り連載されたがんゲノム医療をテーマにした「がん治療の明日」にて取り上げられました。

テーラーメッド株式会社は世界最高レベルの技術力と信頼性を持つニューヨーク市のメモリアルスローンケタリングがんセンター(MSKCC)によるがん遺伝子検査「MSK-IMPACT検査」を日本で唯一提供しています。
MSK-IMPACT検査では、最新の機械を使って、個々の患者のがん細胞が含みうる468個のがん関連遺伝子の遺伝子情報を調べることができます。

がん細胞の遺伝子情報を知ることで、ある特定のがん細胞に多く存在する分子のみを標的として効果を発揮するよう設計された抗がん剤「分子標的薬」を適応することができます。

それにより,患者様はオーダーメイドのより効果的ながんの治療を選択することができるようになります。

 

2017年7月31日 読売新聞東京本社版(朝刊) 1面

 

 

2017年7月31日 読売新聞東京本社版(朝刊) 1面

 

テーラーメッド学部式会社のHPはこちら